November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【追加情報】新型S1000RR【レースパッケージ】

こんにちは、営業の川上です。

 

先日のモーターサイクルショーで公開された

新型「S1000RR」に新しい仕様が追加されました!

 

レーシング・レッドカラーのレースパッケージにDDC・クルーズコントロールなしの仕様が増えました!!

金額は¥2,426,000円(税込)と前回までの仕様の間に当たりますね。

こだわりの仕様!といった、よりサーキットライダー向けの仕様になったのではないでしょうか。

 

他の仕様および金額の比較は下の画像をご覧ください。

絶賛予約受付中ですので、ぜひご予約をお願い致します!予約特典もありますよ〜^^

 

【遂に発表】新型S1000RR【予約開始】

こんばんは、営業の川上です。

 

大阪モーターサイクルショーにご来場頂きましてありがとうございました!

 

会場でバッタリ会った鈴鹿店のお客様も何名かいらっしゃいました。

会場は凄い数の人で賑わっておりました。私も開場前に少しだけ楽しませて頂きました^^


特に大盛況だったのは、やはり新型「S1000RR」ですね!

こちらはポルトガルにて撮影した写真です。

 

ポルトガルで実際に乗ってきましたがかなり乗りやすかったですよ〜。

乗っているところを客観的に見ると私の体デカイですねぇ(笑)

私以上の身長の外人さんも乗っているので全然気にするところではないですね!(ポジティブ)

 

講師の人が「パワーだけを求めるのではなく、乗りやすく!操作しやすく!長時間乗れる!という目的で開発した。」と説明していました。「確かに!」と納得したのを覚えています。

 

鈴鹿サーキットを1回しか走ったことないサーキット初心者の私が250キロ近く出して走行しても全然怖くなかったですからね!

むしろかなり楽しめました^^安心してスロットルを開けることが出来るから「乗りやすい」にも繋がるのでしょうね。

走行を終えても全然疲れてなかったので1日中乗っていたかったです。これならツーリングも快適でしょうね〜

サーキットを走る私は、さながらこんな感じですかね?(笑)

皆さんの鋭いツッコミが来たところで続けます。笑

 

サーキットを何周もしましたが現行モデルで感じられたフレームの熱は、個人的に新型では気になりませんでした。

 

低速時にジグザグ走行してみた時も簡単に車両を操ることが出来ました。学生時代に自転車で同じことをした時と似たような感覚でした。ヒラヒラと思い通りに動かす事が出来ます。表現がチープになってしましましたが、そのくらい扱い易いです!

ここまで書いたように乗りやすい、操作しやすいといった部分が顕著に分かる体験をしてきました^^

 

新型「S1000RR」がズラ〜っと並んでいて圧巻です。

ここでTFTディスプレイの操作方法についてもしっかり学びました。

 

スポーツディスプレイ,,,カッコ良いですよね!

ついつい回転数を上げたくなります(笑)

シフトカムは9000回転で切り替わるそうですが、切り替わる瞬間は感じられませんでした。

ライダーが感じられないように工夫しているとのことですので、感じることが出来る人は相当感覚の鋭い人じゃないですかね?

 

ディスプレイには走行中に欲しい情報が見やすくレイアウトされています。

※ディスプレイの画像はイメージです。変更される可能性がございます。

 

ウイリー、エンジンブレーキ、ABS、DTCなどの細かい設定も自分でカスタマイズすることができます。

※ディスプレイの画像はイメージです。変更される可能性がございます。

 

カスタマイズした設定は「RACE PRO 1 / 2 / 3」という名前でライディングモードの選択肢に表示することが可能です。

極端な例を挙げるのであればRAINモードのように安全性を高めつつ、ウイリーがし易くなるようなユニークな設定も出来るわけですね。

どうです?「自分で設定して乗ってみたい!」と心をくすぐられたでしょ?^^

 

ということでライディングモードはRAIN、ROAD、DYNAMIC、RACEに加えて、RACE PRO 1 / 2 / 3 と最大7モードに増え、楽しむ幅が広がりました!

 

色々と魅力的な要素が増えた新型「S1000RR」は日本で7月から発売と発表となりました!

 

先行予約キャンペーンも始まっています!
3/15(金)〜6/30(日)までの期間にご成約・5万円以上のご予約金を頂いたお客様に、
新発売されるプロレースグローブをプレゼント致します。

 

S1000RR(2019)

新型も「DDCなし」「DDCあり」がありますが、それぞれどういう人にオススメかざっくり説明しますと以下の通りです。

DDCなし:サーキットで本格的に走りたい人にオススメ (玄人向け)

DDCあり:ツーリングや少しだけサーキットを走行するような人にオススメ (一般向け)

当店では大半のお客様がDDCありを選択されています。

悩まれているお客様はご相談頂ければ使用用途をヒアリングしてご提案させて頂きます。

 

レーシング・レッド【スタンダード / DDC・クルーズコントロールなし】
¥2,277,000(税込)

 

レーシング・レッド【レースパッケージ / DDC・クルーズコントロールあり】
¥2,536,000(税込)
※鍛造ホイール・Mバッテリー

 

HP モータースポーツ【Mパッケージ / DDC・クルーズコントロールなし】
¥2,677,000(税込)
※Mカーボンホイール・Mシート・Mバッテリー

 

HP モータースポーツ【Mパッケージ / DDC・クルーズコントロールあり】
¥2,787,000(税込)
※Mカーボンホイール・Mシート・Mバッテリー

 

大変人気な車種ですのでお早めにご予約頂くことをオススメ致します。

鈴鹿サーキットの近くということもあり「S1000RR」に詳しいスタッフが在籍しております。

ぜひ新型「S1000RR」もモトラッドミツオカ鈴鹿でご予約下さい^^ご予約お待ちしております!

【NEWモデル】F850GSA【発売!】

こんにちは、営業の川上です。

 

2月13日より「F850GSA」が販売開始となりました。

まだ車両は店頭に入荷しておりませんが、入荷しましたら再度告知させて頂きます。

 

車両価格:2,122,000円(税込み)

グレード:Puremium Line

シート高:875mm(Style Rallyeは890mm)

カラー:

アイス・グレー

 

 

ルパン・ブルー・メタリック(+38,000円) Style Rallye

スポーツウインドシールド、ラリーシートを装備。

 

グラニット・グレー・メタリック(+38,000円) Style Exclusive

 

標準装備も豊富になりましたね!

「F750GS」「F850GS」ではメーカーオプションであったTFTディスプレイも「F850GSA」では標準装備となったようです。

HPスポーツ・サイレンサーも標準装備になったので購入後、マフラーを変更する必要もなさそうですね^^

 

軽快にオフロードを走行する動画を見るとワクワクします。

これだけリア滑らせて走行出来たら楽しいでしょうね〜

 

どうです?乗ってみたくなりましたか?

同じエンジンを搭載した「F750GS」「F850GS」のご試乗車も店頭にご用意しております。

ぜひ乗り味をご体感下さいませ。

 

12345>|next>>
pagetop