October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【NEWモデル】C400X【発売開始】

こんばんは、営業の川上です。

 

いよいよ明日は「C400X」の発売日となりました。

鈴鹿店にはTFTディスプレイが装備されたアルピン・ホワイトゼニス・ブルー・メタリックが入荷しております!

 

 

私は車両を引き起こした瞬間、その軽さにビックリしました!

取り回しが簡単に行えるので気軽に乗ることができますね^^

店頭で車両に跨って頂くことも可能です。

 

GSのように左右非対称のヘッドライトが個性を出してますね〜

 

グリップヒーター・シートヒーター・ETC2.0は標準装備なので

寒い季節でも快適に走行可能ですね^^

 

シートは2つの方法で開ける事が可能です。

バイクの電源がオンの状態であれば、このボタンを押すだけでシートが開きます。

 

リアシート右側の下にキーシリンダーがあるので、こちらからも開ける事が可能です。

バイクの電源がオフの時はこちらから開けることになりそうですね。

 

TFTディスプレイも起動してみました^^

近未来的な色合いで凄くカッコ良いです!!

 

ホーム画面は非常にシンプルで分かりやすいですね。背景色も青色になっています。

グリップヒーターとシートヒーターの表示は下部に表示されています。

 

メニュー画面はこんな感じです。

今まで無かった「Urban」という項目はエンジンの回転数を見ることができるようです。

スクータータイプでも回転数が確認できるのは面白いですね〜

 

展示中の車両でもメーターをご確認頂けるようにバッテリーを繋いでおりますので、

実際に「メーターを見たい!」というお客様はスタッフにお声掛けくださいませ。

 

ご来店をお待ちしております!

 

【NEWモデル】C400X&C400GT【デビュー】

こんばんは、営業の川上です。

 

去年から話題になっていた普通2輪免許で乗ることができるスクーターの発売日が決まりました!

気になる発売日、車両価格などをご紹介致します!

 

「C400X」

発売日:1月26日(土)

車両価格:851,000円(税込み)

グレード:Hi Line

シート高:775mm

カラー:

アルピン・ホワイト

 

ゼニス・ブルー・メタリック(+6,000円)

ブラック・ストーム・メタリック

 

「C400GT」

発売日:2月8日(金)

車両価格:912,000円(税込み)

グレード:Hi Line

シート高:775mm

カラー:

アルピン・ホワイト

 

ムーンウォーク・グレー・メタリック(+6,000円)

 

ブラック・ストーム・メタリック

 

「C400GT」の発売日である2月8日(金)からデビューフェアを実施します!

詳細は別途ブログでご案内させて頂きますのでお楽しみに^^

 

「場所を取らない」「気軽に乗ることができる」そういった理由でスクーターに乗る人が増えていますよね。

そういった通勤や買い物などのちょっとした時間もBMW Motorradが贅沢な時間へと変えてくれるはずです。

 

皆さまのご予約お待ちしております!

R1250GS&R1250RTの発売日と仕様について

こんばんは、営業の川上です。

 

先日、ついに噂になっていた

「R1250GS」「R1250RT」の発売日と仕様が公開されました!!

排気量は1254ccにアップされ、新たにBMW ShiftCamを搭載しております。

低速時のコントロール性と従来のような高回転域での安定した走行の両立を実現しているようです。 

 

早く乗ってみたいですね!

気になる発売日は12月22日(土)ですよ!

クリスマスプレゼントに間に合いましたね^^

 

では気になる仕様とカラーを簡単にご紹介致します。

まずは「R1250GS」です。

◆仕様◆            

「R1200GS」と同様の3つの仕様が用意されています。

簡単にシート高とお値段を記載致しますので、詳細はBMW Motorradのホームページまたは店頭スタッフにお聞きください。

.廛譽潺▲爛好織鵐澄璽

 →シート高:800/820mm、価格:2,510,000円(税込み)

▲廛譽潺▲爛薀ぅ

 →シート高:850/870mm、価格:2,510,000円(税込み)

プレミアムライン(スポーツサスペンション)

 →シート高:870/890mm、価格:2,669,000円(税込み)、モータースポーツカラーのみ

 

◆カラー◆           

今回は合計4色のカラーバリエーションがございます。

※掲載している画像と日本の仕様は異なる場合がございます。

.屮薀奪ストーム・メタリック

 →標準色

 

▲灰好潺奪・ブルー・メタリック

 →カラー代¥13,000円(税込み)

 

ブラック・ストーム・メタリック/ナイト・ブラック・マット

 →カラー代¥55,000円(税込み)、こちらが今回のStyle Exclusiveですね。

 

ぅ癲璽拭璽好檗璽

 →カラー代¥120,000円(税込み)、こちらはStyle HPとなっております。クロススポークホイール装着などオフロードを楽しみたい人にオススメですね。

鈴鹿店で予約注文を受付しておりますので、

お正月には「R1250GS」に乗って初詣をしたい方はお早めにご注文下さい^^

ご予約頂いたお客様から順次ご納車とさせて頂きます。

 

さてお次は「R1250RT」です。

パッと見たところ、「R1200RT」には無かったフロントスポイラーが

フロントタイヤとエキパイの間に追加されているのが分かります。

 

◆仕様◆            

簡単にシート高とお値段を記載致しますので、詳細はBMW Motorradのホームページまたは店頭スタッフにお聞きください。

.廛譽潺▲爛薀ぅ

 →シート高:805/825mm、価格:2,849,000円(税込み)

 

◆カラー◆           

今回は合計5色のカラーバリエーションがございます。

※掲載している画像と日本の仕様は異なる場合がございます。

.▲襯團鵝Ε曠錺ぅ

 →標準色

 

▲沺璽此Ε譽奪鼻Ε瓮織螢奪 / ダーク・スレート・メタリック・マット

 →カラー代¥74,000円(税込み)、こちらはStyle Sportとなっております。

 

カーボン・ブラック・メタリック

 →カラー代¥53,000円(税込み)、こちらはStyle Eleganceとなっております。

  クロームメッキパーツがアクセントとなり、高級感を演出していますね。

 

ぅ屮襦次Ε廛薀優奪函Ε瓮織螢奪

 →カラー代¥239,000円(税込み)、Option719の手書きラインが特徴です。ブラウンシートが装着されています。

 

ゥ好僉璽リング・ストーム・メタリック

 →カラー代¥239,000円(税込み)、Option719の手書きラインが特徴です。ブラウンシートが装着されています。

 

こちらも鈴鹿店で予約注文を受付しておりますので、

お正月には「R1250RT」に乗って初詣をしたい方はお早めにご注文下さい^^

ご予約頂いたお客様から順次ご納車とさせて頂きます。

 

BMW MotorradのNEWボクサーエンジンを搭載した

「R1250GS」「R1250RT」に乗って2019年もバイクと共に駆け抜けましょう!

<<back|<123456>|next>>
pagetop