October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

NEW RnineT入荷いたしました!

 伝統的なデザインに現在のパワーユニットを融合させたネオクラシックあるいはヘリテイジカテゴリの世界的ブームの火付け役の一台であるRnineTがはじめてマイナーチェンジを受けました。

 

 

 メーターがアナログ2連装となりそのビンテージスタイルをより際立たせます。しかしながら内部の液晶画面にはODOやTRIP、油温計など必要な情報が表示される多機能さは確保されているのがBMWらしい所。

 

 

 走るヘリテイジとしてフロントフォークをオーリンズなどへ交換するのは定番のカスタムでしたが、今年のモデルから減衰圧のアジャスト機能が標準装備されました。これである程度まではご自身のライディングスタイルに合わせてフロントサスペンションのセッティングが可能に。

 

 

 スポークホイールは表面仕上げが変更に、R1200GSAのようなシボ加工が施され汚れが付きにくくなる効果が期待できます。見た目にもツヤ無しの黒いリムが足回りをよりシックに演出します。

 

 

 価格こそ昨年までのモデルよりも若干上がりましたが、その代わりに待望のグリップヒータが標準装備になりました。グリップはノーマルのまま乗られる方が大半なのでこれは嬉しい追加装備でしょう。

 

 

 ヘリテイジカテゴリ故に大きな変更は加えず細部の熟成をすすめたNEW RnineT、鈴鹿サーキット通り沿いの当店で是非その実際の輝きをお確かめください。

 

 

  

NEW S1000RR入荷いたしました!

 お待たせいたしました!

 新環境基準EURO4に対応した新世代スーパースポーツS1000RRの2017モデルが当店にも入荷いたしました!

 3色あるうちに入荷したのは2色、初期モデルより一番人気をほこるトリコロールカラーと、ツートンになってより上質さを増したガラニティグレー/ブラックストームの二つになります。

 

 

 トリコロールカラーはサイドカウルに大きく描かれらRRの新しいロゴがその力強さをより強調しています。

 

 

 またグレー/ブラックのツートンの方は足回りを見てみると何やら違和感が・・・・・?!

 正体は店頭でお確かめください・・・・・・ッ

 

 

 

 

NEW S1000RRは2月10日発売!

 BMW MOTORRADがスーパースポーツ「S1000RR」の2017モデルは2月10日に発売となります。199PSフルパワー仕様ながらも誰でも駆け抜ける喜びを体感できる操縦性と安定性の高さは従来モデルでもご好評をいただいており、ビギナーの方からベテランの方までご満足していただけることでしょう。

 2017モデルでは新しい環境基準EURO4に適合しており、世界的に求められている環境への負荷の軽減を実現すると同時にそのハイパフォーマンスを安全にそして快適にご堪能いただけることができるようバイクのあらゆる要素をよりバランスよく組み合わせた新しい時代のスーパースポーツになっております。

 

 

 日本仕様「プレミアムライン」としましては専用設計のRace-ABSやもはや定番のトラクションコントロールDTCはもちろん、15モデルからの採用でさらに乗り心地と安定感の向上を実現するアクティブサスペンションDDCやサーキットユースではマストアイテムとなりつつあるオートシフターPRO、そして普段使いに便利なグリップヒータを標準装備しております。

 

 

 ABSは16モデル後期より採用のABS-PROを標準装備しており、これは公道走行時においてコーナリング時のブレーキ操作にホイールロック前から介入・調整をすることで減速時の車体姿勢の乱れを補正しさらなる安全性を実現しました(ABS-PROはスリックモードでは機能しない一般公道用の制御です)。

 さらに別売りのコーディングプラグを装着することで特にサーキットユースにおいてその圧倒的な立ち上がりのパフォーマンスの制御をより容易にするローンチコントロールもあらかじめ備わっております。

 

 

 初期モデルから採用され他社モデルも追随するようになった走行モードの切り替えも「レイン」「スポーツ」「レース」の公道用3種類は走行中いつでも変更が可能、またクローズドコース用の「スリック」モードも備わっておりカスタムやチューニングの類をしなくてもサーキット走行を楽しんでいただけるフルパッケージで皆さまのバイクライフの選択肢をより広くしてくれることは間違いありません。

 

グラニティグレーメタリック/ブラックストームメタリック

¥2,195,000(8%消費税込み、登録諸経費別途)

 

 グレーとブラックのツートンカラーはスーパースポーツ特有の派手なカラーリングをあえて避けたい落ち着いた雰囲気を好まれるライダーにおすすめのカラーとなっております。明暗の異なるツートンカラーによる上質な装いは所有欲も満たしてくれることでしょう。

 

レーシングレッド/ライトホワイト

¥2,210,000(8%税込、登録諸経費別途)

 

 従来モデルでも人気の高かったレッドとホワイトのツートンカラーはそのカラーバランスを大きくかえてガラッと印象を変わり新しいモデルであることを強調したデザインになっております。レッドラインの施されたデザインホイールと合わさってより力強い印象を見る者に与えることでしょう。

 

ライトホワイト/レーシングレッド/ルパンブルーメタリック

¥2,255,000(8%消費税込み、登録諸経費別途)

 

 そして最期はS1000RRを象徴する所謂トリコロールカラー。従来モデルはタンクカバーだった「RR」のロゴをサイドフェアリングに大きく描くことでその力強さ、速さ、存在感を停車時はもちろん走行時においても周囲にアピールすることのできるデザインに仕上がっております。おそらく今年も多くのプライベートチームがこのカラーをモチーフにしたグラフィックでレースに挑むことでしょう。

 

 パワーがあるだけではなく、速いだけでもなく、安全快適なだけでもなく、それらすべてを高次元で融合させモットーとする「駆け抜ける喜び」をサーキットだけでなく一般道でも、ベテランライダーだけでなくビギナーであっても同じように変わらず体感することのできるBMW MOTORRADだからこそ実現できたスーパースポーツS1000RR、EURO4基準に対応し環境のことも考慮した大人の一台をぜひ皆様、鈴鹿サーキットのすぐそばにあるモトラッドミツオカ鈴鹿でご検討ください。

 

※スポーツ走行ないしサンデーロードレース等へご参戦予定の方へ

 サスペンションチューニングのためにアクティブサスペンションDDCを装備しない特別仕様も承ります。あわせてグリップヒーターも非装備となるため異なるグリップへの交換が容易になっており、また外す前提となるであろうウィンカーはLEDではなくハロゲン球になります。そのかわり鍛造ホイールを装備し標準装備のリアタイヤのサイズも200/55ZR17になります(通常モデルが200サイズを使用するには設定変更が必要です)。

 詳しくは店までお問い合わせください。

 

 

 ニューモデルは初期の入荷台数が限られておりますのでお早めのご予約をお願い申し上げます。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop